« プレスリー見参!! | トップページ | »

加藤礼次朗レポート

堀内店長のリクエストにお応えして、横山光輝先生について、ちょっと調べてみました。


 横山光輝先生は
1934(昭和9)神戸市須磨区のお生まれでした。戦時中は鳥取の方へ疎開されていたようですが、神戸市立太田中学校、同市立須磨高校をご卒業なされ、卒業後は神戸銀行の銀行員として働かれていらっしゃったそうです。東京育ちでまったく土地勘のない私にはわかりませんが、神戸在住の堀内店長ならこのあたりは感慨深いものがあるかもしれませんね。

 子供の頃から漫画が好きでその思いを断ち切ることができなかった横山先生は、漫画を描く時間を作るために銀行を退職され映画などの看板絵を描く仕事に転職、関西の出版社へ原稿の投稿、持ち込みを続け貸本漫画でデビューされました。

 昭和
20年代、子供向けの読み物は絵物語が中心で漫画の知名度はまだそれほど高くなかったといいます。しかし関西には、貸本業界を中心として漫画の一大勢力があつたそうです。手塚治虫先生も宝塚生まれで貸本漫画の出身でしたし。現在に繋がるコマ漫画の歴史は関西から始まったと言えるでしょう。貸本漫画でデビューされた横山光輝先生は、その画力と計算された構成力、そして何より娯楽性を高く評価され東京の出版社から雑誌漫画の連載を頼まれました。

 『鉄腕アトム』が連載されていたことでも知られる月刊誌「少年」で、横山先生の『鉄人
28号』の連載が始まったのが1954(昭和29)。『鉄人…』はアトムと人気を二分するほどの大ヒット作となり「自分は漫画家として食べていけるかもしれない…」と感じた横山先生は、看板絵描きの仕事を辞して上京されました。横山先生ニ十歳の決断です。091004_114801


 漫画家としてデビューされてからも、前の仕事をすぐに辞めず続けられていたところに、驚きとともに先生のもと銀行員としての慎重な姿勢が感じられて考えさせられますね。私も見習わないと…。


 日本初の
TVアニメ『鉄腕アトム』に次いでアニメ化された『鉄人28号』は、日本初の“巨大ロボットアニメ”でした。その魅力について語り始めるとあまりにも長くなりすぎますので、ココでは割愛させていただきますが、製鉄所のある神戸の街に立つ巨大な“鉄の人”の姿は、写真で見るだけでも何だか胸がジーンと熱くなってきます。今となってはかなわぬ夢となってしまいましたが・・・横山先生とお会いしたかった・・・。


 店長追記:加藤礼次朗先生、横山先生は亡くなられましたが、ご盟友がご健在です!
時代活劇から少女マンガまで幅広く執筆されている東浦美津夫先生です!
手塚治虫先生の大ファンだった横山青年と東浦青年は、公園でマンガへの想いを熱く語り合ったそうです。講談社のプレミアム・マガジン
vol05に東浦先生のインタビューが載っていますよ!

 ジャジャジャン!そして加藤礼次朗先生には今回の詳細なご報告に対して、感謝の気持ちを込めて、東浦先生とお会いできるチケットをプレゼントしましょう!

「エッ?なぜ僕が東浦先生を知っているのかって?」
「それはヒミツ、ヒミツよ、ヒミツのアッ子ちゃん!?・・・関係ないか
bleah





|

« プレスリー見参!! | トップページ | »

友人」カテゴリの記事

コメント

横山先生といえば、私の兄も『鉄人28号』世代ですが、私は『魔法使いサリー』や『バビル2世』を見て育ちました〜

投稿: CHOCO | 2009/10/07 11:20

私の長文レポートにお付き合いいただきまして恐縮です。
ちなみに『ひみつのアッコちゃん』は赤塚不二夫先生の作品。横山光輝先生の魔女っ子ものといえば『サリーちゃん』と『コメットさん』が有名ですね。
オタクなので、一応一言書いておかせて下さい。

投稿: 加藤礼次朗です。 | 2009/10/07 13:39

大場久美子さんのコメットさんに出演しました!監督はガメラの湯浅憲明さん。ウルトラマン80も湯浅監督だったかな!?素敵な監督さんでした。

投稿: 正美 | 2009/10/07 16:00

横山光輝先生といえば、自分は「三国志」です。

子供の頃は、三国志が理解できなかったのですが、
TVアニメで放送したのをきっかけに、学校の図書室で
横山光輝版を読みました。

子供の頃見ていたアニメ「六神合体ゴッドマーズ」
も、実は「マーズ」が原案だと後で知ったり。

ゴッドマーズ、六体のロボットが合体するおもちゃを
買ってもらった記憶があります。

投稿: KEN | 2009/10/07 17:26

仮面の忍者 赤影も忘れられません。

ところで皆様、台風の影響はいかがですか?
こちら神奈川県は先ほど大雨洪水警報が出ましたが
外は穏やかです。

投稿: 花写 | 2009/10/07 21:57

神戸は現在、rain大雨・洪水・typhoon暴風・波浪警報、thunder雷・高潮注意報、発令中。
風が強いですshock

投稿: 正美 | 2009/10/07 22:33

typhoon本当に凄いですshock
ビュービュー
ゴーゴー
グォングォン・・・?
とにかく凄い音が・・・bearing

玄関周りとベランダに置いていた物は
全部部屋の中に入れてあるのだけど
ベランダのお隣との境のパーテーションが
以前台風の風で割れた事があるんですよcoldsweats02
今回は大丈夫かしら?

投稿: Qまま | 2009/10/07 23:58

夜半を過ぎて東京新宿周辺も雨脚が強まってきました。
横山光輝先生の漫画は『三国志』に代表されるようにたとえ原作が長大な歴史小説だったとしても、大変読みやすく、かつわかりやすく描かれているのが大きな特徴ですね。
作品が映像化される際には「その時代にあった映像にしてください」と、横山先生はあまり注文をつけなかったそうです。だから『赤影』も『ジャイアントロボ』も『ゴッドマーズ』も大胆にアレンジされていて、映像作品を見てから原作を読むとあまりにも違いすぎて面食らってしまう事もよくあります。その違いもまた横山作品を読む上での大きな楽しみの一つといえるでしょう。

投稿: 加藤礼次朗です。 | 2009/10/08 02:41

始発から電車の運転見合わせ(1時間くらい前から動き始めたみたいですが…)、学校は休校…
外に人影もなく…
地元の被害は通信用の鉄塔が倒れたとローカルニュースで言ってました。

投稿: CHOCO | 2009/10/08 12:55

横山光輝先生もそうですが水木しげる先生(出身は鳥取)の名前の「水木」は神戸市兵庫区の水木通りからとって名付けられたそうです。当時、水木通りの貸本屋で働いていたそうです。神戸は偉大な漫画家が育った地でもあるのです。誇りに思います。

投稿: 神戸っ子 | 2009/12/31 22:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プレスリー見参!! | トップページ | »