« 近況 | トップページ | 合掌 »

韓国ドラマは凄い!

 女優の馬渕晴子さんから、韓国のテレビドラマ『京城スキャンダル』をぜひ観るように、とDVD15話分を渡される。いままで韓国のテレビドラマをじっくり観た事がなかった。
あまり期待していなかったが、1時間ドラマ15話分を二日でイッキに観てしまった。

物語の舞台は1930年代、日本統治下の京城、いまのソウル。つかのまの自由を楽しむ若者たちと、植民地化されている祖国のためなら流血をいとわない抗日運動家の物語が、あるときはコミカルに、またシリアスに展開していく。

ドラマの中で、『祖国』というセリフが随所に出てくる。僕は自分が生まれ育った国を、『祖国』と言えるだろうか?
全体の感想は改めて書きたい。

最終回のDVDはまだ届いてない、早く観たい。あらすじは公式サイトには載っているが我慢我慢。機会がありましたらぜひご覧ください!

|

« 近況 | トップページ | 合掌 »

ぼやき」カテゴリの記事

コメント

私も祖国ってあまり意識したり考える事はなかったけど
職場の同僚に在日韓国人の方がいたり
友人に日系ブラジル人やアメリカ人が居るので
その人達は異国で暮らしているから
祖国って言う意識がかなり高いように思います。
きっと 海外で生活をしてみれば私もきっと祖国って言う意識をもてるのかもしれないですね!

韓国ドラマは私も見たことがないですが
面白そうですね!
機会があれば見てみます

投稿: びんちゃん | 2008/10/02 17:48

「祖国」ときくと、わたしは、山崎豊子さんの「2つの祖国」と「大地の子」を思い浮かべてしまいます。
どちらも、衝撃の作品でした。戦争で、バラバラになったり、特にハワイの日系人は、日本人同士で、戦ったのですから辛いですね。。

投稿: クレちゃんのママ | 2008/10/02 19:28

祖国…私もあまり意識したことはないですが、季節を感じたりする時に、日本に生まれて良かったなーと思う事があります…

投稿: CHOCO | 2008/10/02 20:03

馬渕さんのおススメ『京城スキャンダル』の次は、光州事件を題材にした『砂時計』annoyとの事。
TSUTAYAに走って行ったら、第一話のDVDがレンタル中、残念crying
返却予定10日との事。早く返せpoutdash

投稿: 正美 | 2008/10/05 10:36

堀内さんがTSUTAYAに走って行く姿、ちょっと見てみたいかも…(笑)

投稿: CHOCO | 2008/10/05 13:14

う~~~んTSUTAYAに先回りして、『砂時計』第一話を借りてしまいたい!bleah

さらに angrydashdashdash ったこちらの姿、希望。

投稿: nao | 2008/10/06 02:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 近況 | トップページ | 合掌 »