« 青梅駅構内通路 | トップページ | ・・・? »

正義の味方

 僕は少年時代、『ぼくら』や『冒険王』という雑誌の漫画で、『正義の味方』という言葉をはじめて知った。その時から、「僕もおおきくなったら漫画の主人公のような正義の味方になるぞ!」と、真剣に考えるようになった。・・・あの純粋で崇高な精神はいま何処に・・・。

 幼稚園から帰ると、母のタンスから風呂敷を取り出してマント代わりに身に付け、悪と戦うために塀の上から飛び降りるのが日課?だった。風呂敷でも最高なのは大判の唐草模様。残念ながらうちには大判のそれがなく、母におねだりしたのを覚えている。なぜ大判がいいのか!?当然、「大判ならそれだけ遠くまで飛べて強くなれる!」・・・と思っていたからだ。

 そんな少年心をはげしく刺激していた方に偶然お会いした。
『七色仮面』や『ナショナルキッド』を描かれていた、一峰大二先生。
僕は思わず先生の横に行き、「一緒に写真を撮っていただきたいのですが!」

070808_104101

気づくと僕は50年前にタイムスリップしていた。
Photo_2                                

|

« 青梅駅構内通路 | トップページ | ・・・? »

コメント

私の兄が聞いたら「いいなぁ…」と一言呟きそうな光景です。
兄のアルバムにも似たような風呂敷マント姿の写真がいくつかあります。
私が憧れたマント姿と言ったら手塚治虫さんの『リボンの騎士』のサファイアかなぁ…

投稿: CHOCO | 2007/08/13 22:54

ワタクシにとっての永遠のヒーローが、それは、例えば、ややダーティーなニュアンスに彩られていたとしても、堀内さんであることとの共時性であるように思われます。
あらゆる点で、そのまま、でした。
おめでとうございます!
本当に良かったですね!

投稿: かつら | 2007/08/13 23:08

長いこと、その対極にいらっしゃいましたもんねぇ・・・。
(役の上・・・あくまで役の上・・・)

ある年代の方々はまず確実に一枚は風呂敷マント姿や
「シェ~!」のポーズの写真がありますよね。
Qぱぱのアルバムにも確か・・・あったと・・・。

ちなみに私は小1~2の頃『トリプルファイターごっこ』に精を出していたため
生傷が絶えませんでした。
が!骨折の経験はありません。
三角巾で腕つるの、ちょっとした憧れでした(笑)

投稿: Qまま | 2007/08/13 23:22

堀内さんにはもっともっと遠くまでジャンプして欲しいですね。

その為に必要な物は大判の唐草の風呂敷ですね。
私にお任せください、すぐご希望の品をご用意いたします。

結納セットと一緒にいつでも在庫はございます。
130cm角桐唐草模様でございますが、こちらでよろしいでしょうか?
エッ・・・「東京ぼんたさんが持っていた唐草模様じゃなきゃ!」ですって。

Memo 1 緑の唐草

大きさですが、エッ・・・「130cm角じゃ小さい!もっと大きな物」ですか?
それでは170cm角ではいかがでしょうか?
「もっと大きなサイズはないの?」
この上の220cm角では引きずってしまって足元が危険では。
 
Memo 2 年齢を考慮して170cm角

でも・・・ちょっと待てよ~ぉ。どこで練習するんだろう?
夜の公園じゃ怪しいし、自宅の庭じゃもしジャンプが大成功なら
塀を飛び越えて危険そうだし・・・

Memo 3 足を挫いても責任が取れないので、今回は止めにする!

私から言い出しておきながら、ご希望にそえず申し訳ございません。
またのご注文お待ちしております。

投稿: nao | 2007/08/14 10:17

えっ?そんな大っきなサイズまであるの?
なに包むの?
もしかして唐草にも種類ある?

・・・風呂敷って・・・奥が深いかも・・・?

投稿: Qまま | 2007/08/14 10:41

風呂敷ってお酒やスイカ等、ある程度なんでも包めるとは思っていましたが、そこまで大きいのは何に使うんだろう…と思ってたら母が、「昔は布団を包んだりも…」と言ったので、妙に納得しちゃいましたf^_^;
先日、風呂敷をエコバッグ代わりに…というのをテレビで特集してましたが、色も柄も色々あってビックリしました。

投稿: CHOCO | 2007/08/14 11:12

今でも唐草の風呂敷は結納の時には活躍しています。(関東だけかな?)
サイズ・柄・材質・値段かなり奥深いですよ!
風呂敷だけのカタログだってちゃ~んとあります。

投稿: nao | 2007/08/14 15:49

子供の頃の自分のヒーローは5色のカラフルな方々でした。
三十路を過ぎて、再びカラフルな6色の方々を追い掛けて、今年は遂に関西まで行きました。
3分でお空に戻るヒーローのショーも、ひとりで観に行った事もあります。

子供の頃とは違うけど、ヒーロー達にはいつでも元気を貰える気がします。

どうやら大きめの風呂敷も確保出来そうなご様子ですので、飛行が成功したら必ずここで詳細を教えて下さいませww

投稿: とね | 2007/08/14 20:26

5色のカラフルな方々・・・色の名前が日本語だった?
なら、かろうじて知ってるかも・・・?

3分でお空に戻らなきゃならない方々は大好きで、
2000年生まれの息子にも伝授しましたが・・・(なにか?)
昆虫系改造人間の方々は須らく苦手でした・・・
でも、『兜王ビートル』は繰り返し観ているという事実が・・・何故ぇ?

思い返すとあの頃ってヒーローがいっぱい!?だったのね☆

投稿: Qまま | 2007/08/14 23:07

七色仮面もナショナルキッドも全く知りません!!
家の息子たちのヒーローと言えば
「ウルトラマンメビウス」か「ゲキレンジャー」か「仮面ライダー電王」
私のヒーローも同じく!!
ただ変身前のイケメンに限りますが・・・。

投稿: びんちゃん | 2007/08/18 17:10

久しぶりに書き込みさせていただきます。
以前は「旅の者」というハンドルネームでしたが
せっかくなのでこれを期に新しいハンドルにさせていただきました。

一峰先生とはまだ災害を受ける前の数ヶ月前に
柏崎でのイベントでお会いしました。

ずっとずっとヒーロー漫画だけで
作風も変えない処が魅力的だと思います。

本当に我々の世代の憧れの人でしたので
堀内さんが同じ気持だとしたら
それだけでご飯が3杯食べられるくらい嬉しいです。

久しぶりすぎて、文章がめちゃくちゃ固いのをお許し下さい笑


投稿: たりがあ | 2007/08/25 07:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青梅駅構内通路 | トップページ | ・・・? »