« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

夜遊び

このところ心に深く突き刺さる出来事が連続していますね。
・・・これから先どうなってしまうんだろう・・・。

 夜、庭で久しぶりにもも子とボールで遊ぶ。061022_2004001
わんこと一緒だと一番落ち着く。
060407_2003001_1 060407_2008001 あんずとキャンディーは部屋の中でくつろいでいる。
あらためて、『無条件にかわい~い!』
親バカなホリウチでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

お疲れさまでした!

 藤岡琢也さんがお亡くなりになった。
デビューした年の秋頃から始まったよみうりテレビの『百年目の恋』という作品で初めて半年間ご一緒させていただいた。
『お洒落』、この言葉は藤岡さんのためにあるのかなッ、といっても言いぐらいお洒落でカッコいい先輩だった。・車・JAZZ・服装・銀座の話・・・。
でも、スタジオではめちゃくちゃ厳しかった。
「マサミ何でそんな芝居するの?そこはこんな風にやったほうが観ている人に伝わりやすいだろ。よく考えてやれよ」と、毎回しごかれた。
このドラマ凄いキャストだった。僕の役は、頼りない有名老舗料亭の三代目。おじいちゃんが曾我廼家明蝶さん、おばあちゃんが沢村貞子さん、父親が植木等さん、母親が扇千影さん、姉が十朱幸代さん。しっかり者の女系と頼りない男系のお話。
藤岡さんの役は僕を一人前の板前に育てる厳しく頑固な料理人。
藤岡さんはドラマの中でも実生活でも厳しかった。_030
稽古が終わると「正美うちに来い」と言われ、フランス車の助手席に乗りご自宅にうかがった。
お住まいは伝説の『川口アパート』。
「・・・ここが芸能人御用達の川口アパートか・・・凄い!」
きょりょきょろしながらお宅に入ってまた驚き!『こだわり』を絵に描いたような部屋。
シックな色合いのリビングには重量感あるオーディオ。
スイッチを入れた。コルトレーンの曲が流れてきた。
「いい音ですね!」
「こんな音はだめなんだよ。こっちの音を聞いてみろ。」とおっしゃって、もうひとつのスイッチを入れた。同じ曲が流れてきた。あまり大きな違いはないが、先ほどの音よりは幾分ソフトな感じがする。
「何で違うんですか?」
「真空管だよ!真空管!やっぱり真空管はいいだろ。芝居もそうだぞ、ただ台詞を言ってりゃいいもんじゃないんだぞ。聞く人・観る人に心地よくなってもらわなくちゃいけないんだ。こだわりを持て、こだわりを!」
・・・33年前の藤岡さんの言葉が蘇って来た・・・
その後、舞台・テレビ・ラジオで数多くの作品をご一緒させていただいた。
事務所も20年近くご一緒した。
群れることを好まない僕は、群れることを好まない藤岡さんが大好きだった。_031

 最後の共演は『渡る世間は鬼ばかり』
楽屋で久しぶりにお話しした。
「マサミいくつになった?」
「55です」
「そうか・・・初めて会ったときはいくつだった?」
「23でした」
「そうか・・・マサミも大人になったな・・・父親役をやるようになったんだな・・・」
昔話に花が咲いた。
体調を崩され若干しんどそうだったが、お話は相変わらずお洒落でカッコよかっただった。NHKのラジオで始めたJAZZの番組のことを熱く語ってくださった。
そろそろ帰る時間になった。
楽屋口で挨拶する。
「それじゃ、失礼します」
藤岡さんはうなずきながら
「・・・よかったよ今日のマサミの芝居」
「えッそうですか?でもまだまだですよ、これからもいろいろ教えてくださいねッ」
「もう教えることなんかないよッ・・・また一緒にやろうな!」
そうおっしゃるとニコリと笑った。
ご機嫌な時に必ずする笑顔だった。

・・・それが藤岡さんとの最後になってしまった・・・

「お疲れさまでした!」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お知らせ

僕のイトコで陶芸作家の服部牧子が『陶展ー華ー』を銀座の画廊『轍』で開きます。よろしかったら観てやってください!なかなかいいですよ!
牧子は父の兄の娘で、僕と中学時代同級生。
■画廊 轍
■東京都中央区銀座1-7-16
■TEL:03-3563-0886
■10月29日(日)~11月11日(土)
■11時~19時(16日のみ休廊)
_029

| | コメント (2) | トラックバック (0)

近況報告

ご無沙汰しております。
裏向き台本の仕事無事終了しました。役は初体験、『裏稼業のヤクザ』

川端(僕の役)「じゃ~なッ準次・・・あばよ兄弟」
タバコを投げ捨て、川端の車去って行く。
作品の内容につきましては後日ご紹介します。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

楽しい時間

日本野球発祥の地のモニュメントが建つ『学士会館』でのロケ。061002_1637001
実相寺監督と中堀カメラマンとで「ハイ・ポーズ!?」061003_1319002





その後、渋谷で衣装合わせ。作品は?061003_1654001

「アッ台本裏だった・・・」

| | コメント (6) | トラックバック (0)

怪しげな人々!?

S1 S2 S3

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »