« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

何が本業!?

何が本業!?
『レバノンの子ども支援』詳細

| | コメント (3) | トラックバック (0)

『レバノンの子ども支援』決まる!

神戸生まれで神戸育ちのレバノン人デビスさんご夫婦と、空爆で傷ついたレバノンの子どもたちの支援活動の打ち合わせをする。5 
呼びかけは、『KOBE with LOVE-レバノンの子どもたちへー』となる

詳細は「lebanon.pdf」をダウンロード してください!


★9月26日火曜日12時から三ノ宮センター街で「レバノンの子どもたちの巡回写真展と呼びかけ」がスタートします!その後のスケジュールは順次お知らせします。


写真展・支援物資の仕分けなど、お手伝いできる方
は事務局までご連絡ください。

アピール

この世界から
戦争はなくならないのかもしれない
殺人はなくならないのかもしれない
差別はなくならないのかもしれない

そこには大切な人を守れず絶望している人間がいる
悲しむのは苦しむのはいつも弱い立場の人間・・・

人々は口にする「平和な世の中がいいな」

『想う』だけでは、何も変わらない
『想う』だけでは、何も始まらない


自分から『動く』ことで何かが変わり始める

| | コメント (1) | トラックバック (1)

久々のクイズ

050928_1501001 何だ?この格好?
このクイズは賞品なしです、悪しからず。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ご隠居さん?

060911_1802001 今日は、庭で夕日を眺めてボ~ッ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

息ぬき

今日の天気:晴天のち一時雷雨。
神戸ハーバーランドで海を眺めてボーッとする。060823_1704001_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

僕のは写真付き!?

僕のは写真付き!?

映画『ホテル・ルワンダ』のDVDを観た感想を昨晩書こうと思ったが少々お疲れ気味だったので、「まッいいか明日の朝で」と眠りについた。朝起きると恒例の目覚めのコーヒー片手にパソコンを立ち上げる。メール・チェックとHANDSのブログ、ついでに息子のブログを覗いて見る。「…あッ!」ホテル・ルワンダの感想が載っているではないか!不覚にも先をこされてしまった。「…眠くても昨日書いておけばよかった…」悔しい、残念だ。この映画ぜひご覧になってほしい作品です。虐殺場面を撮ったカメラマンの一言が突き刺りました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

新しい出会い

 今日は神戸に住むレバノン人、と言っても神戸生まれで神戸育ちの、スービ・デビスさんご夫婦と弟のハニ・デビスさん、そして息子のコウタと5人で食事をする。デビスさんファミリーは1917年から神戸・大阪でビジネスをされている。神戸の港が国際港になっていったのは白人系の方々が貢献されたと思い込んでいたが、実際はレバノン・シリア・インドの方々だったことを初めて知る。神戸に住んで23年、知ってるようでまだまだ知らないことがたくさんある。
 デビスさんたちは今回の空爆が始まった時レバノン南部のスールに居た。空爆で退路を絶たれながら5日間かけて日本にたどり着いたそうだ。お話をうかがっていて、僕たちがテレビや新聞で目にする戦争とは大違いだった。
「・・・いつも弱い者たちが犠牲になる・・・」
そのことに気づいた僕たちに、『何が出来るのか?何が出来ないのか?』を話し合った。
Dbes1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »