« 正直・・・怖かった・・・ | トップページ | 憧れた男 Part1 »

熱かった昭和

IMG_1098 友人、西村雄一郎氏が書き下ろした『黒澤明と早坂文雄ー風のように侍はー』が筑摩書房から出版されています。ぜひご一読ください。何と、僕もチョッとだけ載ってるんですよ。

昭和の時代、映画をそして音楽を命がけで愛した男たちの熱い想いが伝わってくる傑作です!!

BOOKレビューより:世界から高く評価される「黒澤映画」はいかにして生まれたのか。30年間にわたって映画監督・黒澤明と対話を続けた著者が、6年の歳月をかけて書き上げた大著。黒澤映画を生み出した2人の天才の生涯が克明に綴られている。そこには、創造的な作業を成功させる秘訣がちりばめられている。

|

« 正直・・・怖かった・・・ | トップページ | 憧れた男 Part1 »

お知らせ」カテゴリの記事

友人」カテゴリの記事

コメント

何か 面白そう!!
最近、本なんて全然読んでなかったし
買ってきて読もうっと!

投稿: びんちゃん | 2006/02/01 17:44

わしも!
面白そうです

黒澤作品も
好きですし

1.隠し砦の三悪人
2・天国と地獄
3・生きる

わたしのベスト3です笑

投稿: 旅の者 | 2006/02/03 09:03

探してるんですけど・・・見つかりません。
センター街の某大型書店へ行ってみて、無いようなら・・・
お取り寄せするしか・・・ないんでしょうかしらね。

投稿: Qまま | 2006/02/03 20:03

近くの書店を探したのですが見つからなかったので、取り寄せてもらう事にしました。
届くのがチョッと楽しみです。

投稿: とね | 2006/02/06 21:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59820/8450282

この記事へのトラックバック一覧です: 熱かった昭和:

» 番外編 黒澤明関連本 [敬愛する黒澤明よ!]
ブログのプロフィールにも書いたが、黒澤明関連の本はすべて眼を通しているつもりだ。 自伝、評伝・回想録から、映像・音楽についての評論、シナリオ、写真集まで様々だ。デジカメでお見せしてるのはそのごく一部だが、どうしてここまで黒澤論に惹かれるのか? もちろん作品が好きだからということもある。 しかしそれ以上にクリエーターの「現場指揮官」としての「クロサワ」に興味があるのだろうと思う。 映画というのはよく言われるように総合芸術であると同時に、個人芸術でもあるというきわめてパラドックスに満..... [続きを読む]

受信: 2006/02/18 16:48

« 正直・・・怖かった・・・ | トップページ | 憧れた男 Part1 »