« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005年4月

あそび

f0322メガネとコートを新調しました 。似合ってるかな!?f4

| | コメント (5) | トラックバック (0)

おいしい讃岐うどん情報

 東かがわ市で靴下を製造しているメーカーの方から、『おいしい讃岐うどん情報』が送られてきました。「うどんの美味しい店は香川県には沢山あります。高松市では<山田屋>・屋島の入り口の<四国路>。私の市(東かがわ市)では、<ごんぺえ>白鳥・<陣内>白鳥・<讃岐屋>三本松。以上のお店は、それぞれネットで検索すると場所・営業時間・価格・メニュー等出てきます。ちなみに、ごんぺえと陣内は釜揚げ、讃岐屋はぶっかけうどん+天麩羅トッピングが美味しいですよ!」とのことです。このメーカーさんは昔からシルクの5本指ソックスを作っているところで 中国では絶対作れないものを提供しているそうです。最近また5本指の良さが見直されてきていますから大忙しでしょうね!。

もう一通も香川県の方からです。 「やはり、『六車』でしょう。あそこはどんなお客さん連れていっても間違いない。六車は、しょうゆうどん(だいこんおろしを自分でおろしながらうどんが茹で上るのを待つ)が最高ですよ!」とのことです。

こんなメッセージも来ています。「僕は東京に4年行ってる間に蕎麦派になってしまい、うどんはあまり食べなくなってしまいました・・・悲しい事にこの辺にそば屋というものが全く無い!うまい蕎麦が食いたいなー!」という悲痛な?声も届いています。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

DVD第2弾が!

またまたDVDが届きました。今回は、映画『なぞの転校生』・テレビ『赤い激流』・『ウルトラマンガイア』・『ウルトラマンダイナ』・『長い夢』、そしてイトコの堀内元を取り上げた『遠くにありてニッポン人』です。自分の出演作品の記録がほとんど無かったのでうれしいです!!ありがとう!!

nazoaka2ulu4

| | コメント (15) | トラックバック (0)

トレカが届いた!?

card2 card1

ウルトラ話にちょくちょく来訪してくださっている『なかモンさん』から事務所に封書が届きました。
開けるとネクサスのトレカと手紙が入っていました。手紙にはこのトレカにサインをして欲しいと書いてありました。こんなのが出てるんですね。初めて見ました。

全部で54種類、54分の1の確率で出てきた一枚だそうです。早速サインをして送ろうと思うんですが、一つ問題があります。なかモンさんはサンフレッチェ広島の熱狂的なファンなんです。先日、広島ビッグ・アーチで僕の愛するヴィッセル神戸を勝たせてくれなかったんです・・・サインどうしようかな!?・・・

| | コメント (2) | トラックバック (1)

お知らせ

お知らせ(1)『ウルトラマンネクサス』のファンの方々が企画された『公開チャット』が20日夜11時から開催されます。時間とひまがある方はぜひご参加ください!前回はチャットのやり方もわからず苦労しました。・・・今回は・・・久しぶりでやり方を忘れました!?(苦笑)
前回のチャットで惨敗したので、今回はTLTの精鋭、石橋 保くん(和倉英輔隊長)・佐藤康恵さん(副隊長)・加藤厚成くん(石堀隊員)・五藤圭子さん(詩織隊員)・田中信彦(作戦参謀)にも応援を頼んだので、参加してくれる予定です!

※チャットの参加方法など詳しくはこちら


お知らせ(2)以前お見せした僕のフィギュアが6月5日有明東京ビッグサイトで開催される『ワールド・キャラクター・コンベンション20』で販売されることになりました!?フィギュア仕掛け人安齋レオさん本当に作っちゃったんですね・・・信じられない・・・。「売れ行きが気になるでしょ、ぜひ堀内さんも会場に来てください」とのお誘いがありました。売れるとは思えないけど・・・詳しくは後日お知らせしますね masami2

| | コメント (8) | トラックバック (0)

感謝

 事務所に宅急便が届いたとの連絡がデスクから入る。「どうしましょう?ご自宅に送りますか?」「中身は何なの?」「さあッ~?」「とりあえず開けてみてよ」「・・・おうどんです,どん太っていう?」「『うどん?どん太?』・・・アッ!ブログを読んだ方から届いたのかな?」「フロク?」「フロクじゃなくてブログだよッ。知らないの、いまはやってるだろッ。だいたい僕のホームページ見たことないの?」「はじめは見てましたよ・・・でもパソコンが壊れちゃったんです・・・」「いつ?」「去年の春ごろです」「あのねッ・・・もういいよ、すぐ送って」

sanuki3 「小豆島のうどん!?・・・アッ手紙が」

「HPにて讃岐うどんの記事、拝読。
なんて悲しい結末……と同時に讃岐人としては何としてもおうどんを食べさせたい気持となりました!このうどん香川の小豆島でひっそり作られているうどんです。ちっこい工場で注文の分だけ作るという、もはや趣味のような手作りですが、旨いです、これ。製法は『手打ち』でなはく『手延べ』です。包丁を使わずにひたすら伸ばして細くするわけです。ぜひお食べください!」

「小豆島の手延べうどん!?『二十四の瞳』と『オリーブ』は知っていたけど・・・うどんは?・・・とにかく感謝!感謝!」

早速いただく。

僕は『釜上げ派』。箱に書かれている通りに作る。ゆで時間が20分と普通の讃岐より若干長い。その後、10分蒸らす、「なるほど!ここも違うなァー」。その間に、ネギを切り生姜をすりおろす。オッと忘れちゃいけないゴマをする。 「それではいただきま~す。・・・うまい!!!口に入った瞬間のなめらかさとコシの強さ!」アッという間にどん太くんはお腹の中へ。「満足満足!大満足!」

≪お礼≫ 『どん太』くんお送りくださりありがとうございました。麺好きの僕としては至福の時を過ごさせていただきました。

≪どん太くんを食べたくなった方は≫ (株)大倉商店〒761-4141香川県小豆郡土庄町馬越甲1072 TEL:0879-65-2011

「ただし手に入るかどうかは?ア~ァ、おいしかった~!」

| | コメント (13) | トラックバック (0)

思い出・・・

atg aka taiyo

ホームページをご覧になってくださっている方から事務所に宅急便が届きました。包みを開けると、何と!20代の僕が出現!ATGの映画『北村透谷わが冬の歌』テレビドラマ『赤い激突』『太陽にほえる!』のDVDでした。 特製ラベルまで作っていただき、感激!感謝!

当時は恥ずかしくて ほとんど自分の作品を観たことがなかったので、勇気を出して!?ひとりでコッソリ・・・思い出がいっぱい詰まってました・・・。

『北村透谷』・・・真夏の秩父の酒蔵をお借りしての、真冬のシーンが僕のファーストカット・・・監督が僕の芝居を気に入らずNGNGNG・・・三日間カメラを回してもらえなかった苦い思い出・・・共演した石橋蓮司さんや亡くなられた沖雅也さんが「正美負けるなよ、俺たちのことは気にしなくていいから自分の思いどうりの芝居をしろよ」と励ましてくださったこと・・・。

『赤シリーズ』・・・「テレビはラジオです。台所で大根を切っているお母さんにもドラマの内容がわかるように、セリフは張ってください!!」とエネルギッシュにご指導くださった増村保造監督・・・。

『太陽にほえろ!』・・・初めての犯人役の役づくりに悩んでいると「刑事はいい人、犯人は悪い人です。堀内さんは犯人ですから悪いんです。悩まないように」と簡単明瞭に教えてくださった監督の顔・・・。

アッという間の三十数年・・・これからどんな出会いがあるんだろう・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

讃岐うどんの小旅

 久しぶりに車が運転したくなる。「何処へ行こうか?」と、迷っているそんな時、以前友人から聞いた讃岐うどんの店の名前を思い出す。四国に行って『本場の讃岐うどん』を食べる。「天気も最高!これはいい!」。早速カーナビにそのお店を登録し、いざ出発。

明石海峡大橋を渡り淡路島を縦断、鳴門大橋を渡ればもう四国だ。そこからは高松自動車道で香川県へ。お腹が空いてきたが「せっかく来たんだから、評判のお店まで我慢しよう」と、それから運転すること30分。カーナビの示す道筋を進む。車はどんどん山道に入っていく。一瞬不安になる・・・「こんな山の中?」。カーナビが喋った「目的地周辺に到着しました。案内を終了させていただきます。」あたりを見渡すがそれらしき看板もない・・・「ウソだろ???」・・・もう少し山道を進んでいくが、ない。・・・役立たずのカーナビめ・・・

来た道を戻るのもしゃくなのでそのまま先に進む。

しばらく行くと大きな山門が見えてきた。『医王山大窪寺』とある。その横には『四国霊場結願所』。「四国八十八ヵ所参りの最後のお寺か、お腹が空いたけど、ココに来たのも何かの縁、折角だからお参りしよう」と山門を入っていく。お遍路さんがお参りしている。本堂横には無事八十八ヵ所を打ち終えた人々の杖が数多く納められている。「・・・そうか八十八ヵ所を参りして最後にこの寺へ来てやっと願いが叶うのか・・・ということはココだけお参りするというのは・・・ショートカット・・・いけないことかなァー?・・・でも、折角だからお参りしよう!」。僕はお賽銭を投げ入れ祈った。

祈った内容は『内緒』。

 

 空を見上げると先ほどまで晴れ渡っていたが、急に薄暗くなってきた。寺を出ると『高松自動車道こちら』の看板が目に入る。『こちら』から帰ることにする。少し走ると道路が陥没しているところやガードレールが飴のように曲がり谷底に落ちかけているところが出てくる。昨年の台風で崩れたようだ。修復工事をしているところもあるが、手付かずの所もたくさんある。土石流で流された箇所も出てくる。「変な道来ちゃったなァー、戻るにも道が狭いしなァー?」と、突然雷が鳴りだした。雨も降りだしてきた。それもバケツをひっくり返したような土砂降り。ワイパーを最速にしてライトを点けても見にくい。だんだん不安になる。「・・・結願のお寺に初めにお参りしたからいけなかったのかな・・・?」「許してくださ~い」

やっとのことで高松自動車道に入る。

ホッとしてお腹がすいてきた。ドライブインで『普通の讃岐うどん』を食べる。

お味のほうは・・・ご想像にお任せします。

※行きたかったお店の名前は、絶対お教えしません!!

・・・僕が行けなかったんだから・・・

讃岐うどんが食べたくなった方はこちらで探してください

| | コメント (5) | トラックバック (0)

家康になれない男

の声で目覚める。とは言っても、練習中の声だから心地よくない。「ホーケキョケキョ・・・ホーケキョケキョ・・・」なんとも耳障りだ。ゆっくり寝ようと思ったのに、布団をかぶっても聞こえて来る。「クソッ・・・」庭に出て鶯に怒鳴る「下手くそ!」。一瞬下手くそな泣き声は止む、が、しばらくするとまた始まる「ホーケキョケキョ・・・ホーケキョケキョ・・・」。早くまともに鳴いてくれよ・・・。
今朝も起こされた。「ホーホーケキョケキョ・・・ホーホーケキョケキョ」「・・・オッ昨日と違うぞ?」「ホーホーケキョケキョ・・・」。「ホーホ」まではいいがその後がいけない、思わず庭に出て「もう一声、がんばれ!」と声をかける。「ホーホーケキョケキョ・・・ホーホーケキョケキョ」「二回目のホーをあんまり伸ばすなッ、それとケキョが一回余分だぞ!」「・・・ホーホーケキョケキョ・・・」「違う!もう一回、人の言うことちゃんと聞けよ!」・・・いつまで続くのだろう・・・。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »