« 魅せられて・・・ | トップページ | 緊急告知!! »

愛しの蕎麦

「金八先生」のロケで荒川区へ。
デイケアセンター職員「高橋役」の山田アキラ君の愛車で行く。山田君は僕の家の近くに住んでいるので、同じ出番だと声をかけてくれるやさしい男だ。
今日のロケ現場は、僕の両親が眠る多聞寺のすぐ近くだ。多聞寺には「映画人の墓碑」というのがある。そこには、「プロデューサー」「映画監督」「俳優」「カメラマン」そして、「照明」「美術」などスタッフと、その家族が眠っている。碑文「映画人の墓碑」は、父の師匠であり、世界最高齢監督の「新藤兼人さん」が書かれている。戦後、映画をこよなく愛した仲間たちと一緒に眠るほうがいいんじゃないかと思い、両親を埋葬した。僕もここを生前予約した。墓碑の裏には埋葬された方々のお名前が記されている。僕は赤字で。

ロケ現場の集合時間は12時30分だったが、山田君に早めに行くことを提案した。「ついでにお墓参りですか?僕も行きます」「ちがう!多聞寺のすぐ近くに『坂むら』というおいしいお蕎麦屋さんがあるんだ。そこで蕎麦を食おう!その蕎麦屋さんは昭和初期に出来たお店で、戦災にも焼けず建物が素晴らしいんだ。うまいぞ!!」「お墓参りはいいんですか?」「だから…その後、チラッと行けばいいだろ…10時30分に出発しよう。1時間もあれば十分着く。ゆっくり食べてその後お墓参り、そしてロケ現場へ、いいねェー!!!」。「天気もいいし最高だな!!出発!」

実に快調な滑り出し!と思いきや、首都高に乗ると大渋滞。半端じゃない混みかただ。動かない。動けない。…時計の針だけは確実に動いている。チョッとだけ動いた、でも秒針より確実に遅い。11時…12時…携帯がなる。「いま堀内さんどこにいるんですか?」金八の制作からだ。「いま高速の上」「どの辺ですか?」「上野の辺かな…」「急いでください。巻いてるんです」
巻いてるとは「業界用語で、撮影が順調に進んでいる→早く来い」の意。

「山田君巻いてるって、急いで!」「急いでって言ったって、堀内さん見ればわかるでしょ、混んでるんですよ」「そりゃそうだ…蕎麦が食えなくなっちゃったなァー…」「まだ蕎麦食べようと思っていたんですか?僕はとっくにあきらめてました」山田君の語尾がきつい。車内は沈黙に包まれた。でも内心「あそこの蕎麦は最高なんだよなァー、惜しいことしたなァー、電車で来てれば…」なんて、山田君に失礼なことを考えているうちに現場に着いた。

12時30分ちょうど。ADが駆け寄って来た。「おはようございます。さっきは巻いてたんですけど、その後のカットで時間がかかっていて、出番は1時間ぐらい後になりました」「エッ…」「お食事どうしますか?ケータリングのカレーがありますけど」山田君が笑いながら言った「どうします?蕎麦食いに行きますか?」「もういいよ」結局蕎麦はあきらめて、おいしいコロッケ・カレーをいただいた。ごちそう~さま。
lunch.JPG
カレーに化けた蕎麦!?

追伸:撮影終了後、山田君が「お墓参りをして帰りましょう」と言ってくれて、お墓参りに行った。ありがとう!もちろん「坂むら」にも行って、おいし~いお蕎麦を食べた。
 

|

« 魅せられて・・・ | トップページ | 緊急告知!! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

出演作品」カテゴリの記事

コメント

えっ?もうお墓の生前予約ですか?
堀内さんは亡くなっても天国で芸能人仲間と映画でも作るつもりですか?びっくりです。

投稿: 徳メイコ | 2004/10/23 17:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59820/1753513

この記事へのトラックバック一覧です: 愛しの蕎麦:

« 魅せられて・・・ | トップページ | 緊急告知!! »