トップページ | 2004年11月 »

2004年10月

至福の時

 久しぶりに自宅に帰る。長男と長女は叔母の家に遊びに行っていた。僕が玄関を開け「ただいまッ~」と言うと、三女飴子と四女桃子は飛び出してきた。満面の笑みを浮かべ僕に飛びついてきた。かわいい!。「杏子~杏子~」次女を呼ぶが出てこない・・・リビングに行くと彼女はソファーの上に寝そべっていた。「ただいま!こっちにおいで!」と呼ぶと、チラッとこっちを向いたと思ったら、「・・・あなたからこっちに来たら・・・」とでもいう目をしてまた寝そべってしまった。相変わらずのわがまま振りだ。憎たらしいが、何とも男心がくすぐられる。三女飴子はやさしい娘だ。僕と目が合うと腰を振り振りやって来て身体をすりつけてくる。この家で一番素直な娘だ。四女桃子が僕のひざに乗ってきた。末っ子の甘え上手、僕の顔もほころぶ。~こんな至福の時が、いつまでもいつまでも続いてほしい~。

・・・しかし・・・娘たちからこんな声が聴こえてきた・・・

『私の一生は、10~15年しかありません。ほんのわずかな時間でもあなたと離れている事はつらいのです。私の事を飼う前に、どうかそのことを考えてください』
『私が「あなたが私に望んでいること」を理解できるようになるまでには時間が必要です』
『私を信頼してください・・・それだけで私はしあわせです』
『私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないでください。あなたには仕事や楽しみがあるし、友達だっているでしょう。でも・・・私にはあなただけしかいないのです』
『時には私に話しかけてください。たとえあなたの言葉そのものはわからなくても、私に話しかけているあなたの声で理解しています』
『あなたが私のことをどんな風に扱っているのか気付いてください。私はそのことを決して忘れません』
『私を叩く前に思い出してください。私にはあなたの手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど、私はあなたを噛まないようにしているということを』
『「私の言う事を聞かない」「頑固だ」「怠け者だ」と叱る前に、私がそうなる原因がないかとあなた自身考えてみてださい。適切な食事をあげなかったのでは?日中太陽が照り付けている外に長時間放置していたのかも?心臓が年をとるにつれて弱ってはいないか?などと・・・』
『私が年をとっても、どうか世話をしてください。あなたも同じように年をとるのですから』
『最後の旅立ちの時には、そばにいて私を見送ってください。「見ているのがつらいから」とか、「私のいないところで逝かせて」なんて言わないでほしいのです。あなたがそばにいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受れ入れられます』、と。
                           犬の十戒より

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「妖怪シチョウリッ-」現る!

土曜日の7時30分からという早朝にもかかわらず、毎週「ウルトラマンネクサス」を観て下さっているみなさんありがとう!今日の放送はいかがでしたか!?「今日は松永管理官が出演していなかった。レギュラーなんでしょ!…何で?」というメールをいただきました。「そうなんです!」出演していない時があるんですよ。そこで、今後の僕の出演予定回数を載せておきます。でも僕が出演していなくても続けて観て下さいね。今回の「ネクサス」は大河ドラマ形式なんで見逃すと後悔しますよ!「しない!しない!」って、そうおっしゃらずに…実は最近「妖怪シチョウリッ-」という理不尽な怪獣が徘徊しているんです。一時期マスコミ軍からの総攻撃を受けて鳴りを潜めていましたが・・・いくら素敵な作品を作ってもみなさんに観ていただけないと「妖怪シチョウリッ-」が怒って→放送回数の短縮→放送中止→仕事がなくなる…という恐ろしい事態が待ちかまえているんです。なお、VTRに録画して観ても「妖怪シチョウリッ-」は喜びませんのでお気をつけください。
第7・11・13・16・18・19・20・22・24・25・27・28話
konaka.JPG
妖怪掃討作戦の指揮官小中和哉監督

| | コメント (3) | トラックバック (0)

「EYES ㊙ ONLY」

TLT隊員勤務評定
「Terrestrial Liberation Trust」

■孤門一輝:川久保拓司くん
TILTに着任てから約半年。隊員としての適格を調べるために「拉致?」した当時はどこか頼りない青年だったが、最近は全ての事に積極的だ。ただ心情的になりすぎるきらいがある。強くなれ!時には冷酷に…無理かな?今後楽しみな人材だ。
「フッフッフッ―鍛えてやる!覚悟しとけ」

■西条 凪:佐藤康恵さん
彼女と始めて会ったのは小中和哉監督作品「なぞの転校生」で私の娘役だった。幼さがまだ残る高校生だったが再会して驚いた!美しい~!!!。その時の相棒「新山千春」さんが結婚するとの情報がTILTに入った。
「…まさか凪も…そんなばかな…まだ早い…」親心が働いてしまった。

■石堀光彦:加藤厚成くん
かなかなの好青年。芝居に取り組む姿勢も誠実で決して息を抜かない。ただ考え過ぎる時がある。「考え・悩む」事が若者の特権かもしれないが、経験上言っておく「見るまえに跳べ!」だ。

■平木詩織:五藤圭子さん
明るい!なかなかの努力家だ。「イエ-イッ」なんていうセリフなかなか言えないが決まっている。「きみはかわいい!自信を持て!自信を!」

■和倉英輔:石橋保くん
今回初共演。熱いハートのかっこいい奴だ!「和倉隊長」そのもの。私生活でも「和倉」になっている。若い隊員たちの信頼絶大!そのうち居酒屋「和倉」を開店するかも…。
「飲みすぎに注意せよ」

★今後「ウルトラマンネクサス」のスタッフ・キャストの勤務評定を順次発表していきます。
ここに書かれた情報は「EYES ㊙ ONLY」です。くれぐれもよろしく。

松永要一郎管理官
blogdesk.JPG
BLOG作成現場(都内某所)

「ウルトラマンネクサス」のファンの方々から、「TLT隊員勤務評価」を再度UPしてほしいとの声がありますので今日復活させました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

「新潟県中越地震」へのカンパとメッセージ

「新潟県中越地震」への「カンパとメッセージ」は本サイトで引き続き受け付けておりますので、そちらでよろしくおねがいします!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メッセージありがとう!!

新潟県中越地震で被災された方々へのメッセージ・そしてカンパが数多く寄せられています。ありがとうございます。今日はHPのメールに届いた「メッセージ」の一部を載せさせていただきます。

*****************************

この度は、さぞ毎日が不安でご不自由で大変なこととお見舞い申し上げます。
実は私も阪神大震災の被災者でした。当時、色々な方から助けて頂き、感謝の気持ちで一杯になりましたと同時に、励みにもなりました。どうぞ、皆様も力を合わせてこの困難を乗り越えられますよう、お心とお身体には十分気を付けて頑張って下さい。
一日も早い復興をお祈り致しております。

(西宮市在住の方)
娘と連名で義援金を振り込ませて頂きました。

*****************************

テレビで見るたび 心が沈むのと 我が身に置き換え 
皆様の悲痛な叫びが 深くしみいっています 
何もできず 歯痒い思い

カンパは職場でささやかながらさせてもらいました
(東京在住の方)

****************************************

引き続き「メッセージ」と「カンパ」を集めております。ご協力をよろしくお願いします!
集まりました「メッセージ」と「カンパ」は現地ボランティアセンターと連携して私たちがお届けします。

*現在UPしていた「TLT隊員勤務評定」は後日体裁を整えて公開させていただきます。あしからずご了承ください。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

他を思いやるこころ

ぴんちゃんから「新潟県中越地震で被災された方々への激励のメッセージを」との僕の呼びかけに、こんなメールをいただきました。

「私はここにコメントする事を躊躇していました。そして今も悩みながらこれを書いています。私は幸いにして今まで大きな災害の被害を被ることなく生きてきました。そんな私が本当に被災された方々にありきたりな励ましの言葉を言っていいのかを・・・。まだ幼いお子さんを亡くされた方や身内の方、親しい友人を亡くされた方々に私のその言葉はどれほどの救いになるのだろうか?むしろ呪いの言葉のようになりかえってその方たちを傷つけてしまうのではないかと・・・。励ましの言葉は時に人の心を傷つける事があるとかつてお子さんを失った友人に言われた事があったから・・・。それでも遠くに居て何も出来ない私の励ましの言葉でこれからの人生を歩くきっかけになればいいと願っています。「頑張って下さい」

「激励」という言葉に抵抗があったようですね。「何か伝えたい…でも自分にそれが言えるのか…」葛藤された様子が目にうかびます。でも、ぴんちゃんの書かれた文章には「他を思いやるこころ」があふれています。あの10年前に起きた「阪神淡路大震災」の時、僕たちは「被災地外」からのメッセージに「生きる希望と勇気」をもらいました「自分たちを思いやってくれる方がいるんだ」と。被災された方々にはぴんちゃんの思いは届きます!届けます!

「いつ・どこで・何が起こるかわからない」これが阪神淡路大震災が僕たちに教えてくれたことです。いまをしっかりと確実に生きていきましょう!

追伸:来年の1月15日に、日本青年館でNPO法人「HANDS」主催「いのちむすびつなぐ(仮)」というフォーラムを開催します。震災のご遺族・明石歩道橋のご遺族・須磨事件のご遺族・中華航空機事故のご遺族がパネラーとなって「奪われたいのち」と「いまを生きるいのち」について話し合います。みなさん「いつ・どこで・何が起こるかわからない」という現実にぶつかった方々です。お時間がありましたらぜひいらしてください。内容が暗そうですがご心配なく!僕がコーディネーターですから。詳しくは後日。

これから「金八先生」(11月5日放送分)校長室の収録に行ってきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

緊急告知!!

新潟県中越地震でお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りします。
また、被害にあわれた方々には、この場をお借りしてお見舞い申し上げます。

さっそく僕たちのNPO法人「阪神淡路大震災1.17希望の灯り」のメンバーと神戸の若者たちが連携して、「みなさんへのカンパと激励のメッセージ集め」を始めました。恐怖と絶望の中に置かれ苦しいとは思いますが、お力を落とされませんように。全国の仲間と力を合わせ、みなさんのご支援をさせていただきます。
特定非営利活動法人「阪神淡路大震災1.17希望の灯り」
代表 堀内正美

新潟県中越地震で被災された方々への「カンパと激励のメッセージ」のお願い

ご協力いただける方は、下記口座までお振込み下さい。激励のメッセージはこの「BLOG」又は「HPのメール」でも受付けています。

:郵便振替口座名「希望の灯り」口座番号01120-7-70117
:メッセージの欄に「地震」と明記してください

:送付先〒651-1131神戸市北区北五葉1-13-1レ・アール3F
 特定非営利活動法人「阪神淡路大震災1.17希望の灯り」事務局
 TEL:078-595-2800 FAX:078-595-2801

| | コメント (5) | トラックバック (0)

愛しの蕎麦

「金八先生」のロケで荒川区へ。
デイケアセンター職員「高橋役」の山田アキラ君の愛車で行く。山田君は僕の家の近くに住んでいるので、同じ出番だと声をかけてくれるやさしい男だ。
今日のロケ現場は、僕の両親が眠る多聞寺のすぐ近くだ。多聞寺には「映画人の墓碑」というのがある。そこには、「プロデューサー」「映画監督」「俳優」「カメラマン」そして、「照明」「美術」などスタッフと、その家族が眠っている。碑文「映画人の墓碑」は、父の師匠であり、世界最高齢監督の「新藤兼人さん」が書かれている。戦後、映画をこよなく愛した仲間たちと一緒に眠るほうがいいんじゃないかと思い、両親を埋葬した。僕もここを生前予約した。墓碑の裏には埋葬された方々のお名前が記されている。僕は赤字で。

ロケ現場の集合時間は12時30分だったが、山田君に早めに行くことを提案した。「ついでにお墓参りですか?僕も行きます」「ちがう!多聞寺のすぐ近くに『坂むら』というおいしいお蕎麦屋さんがあるんだ。そこで蕎麦を食おう!その蕎麦屋さんは昭和初期に出来たお店で、戦災にも焼けず建物が素晴らしいんだ。うまいぞ!!」「お墓参りはいいんですか?」「だから…その後、チラッと行けばいいだろ…10時30分に出発しよう。1時間もあれば十分着く。ゆっくり食べてその後お墓参り、そしてロケ現場へ、いいねェー!!!」。「天気もいいし最高だな!!出発!」

実に快調な滑り出し!と思いきや、首都高に乗ると大渋滞。半端じゃない混みかただ。動かない。動けない。…時計の針だけは確実に動いている。チョッとだけ動いた、でも秒針より確実に遅い。11時…12時…携帯がなる。「いま堀内さんどこにいるんですか?」金八の制作からだ。「いま高速の上」「どの辺ですか?」「上野の辺かな…」「急いでください。巻いてるんです」
巻いてるとは「業界用語で、撮影が順調に進んでいる→早く来い」の意。

「山田君巻いてるって、急いで!」「急いでって言ったって、堀内さん見ればわかるでしょ、混んでるんですよ」「そりゃそうだ…蕎麦が食えなくなっちゃったなァー…」「まだ蕎麦食べようと思っていたんですか?僕はとっくにあきらめてました」山田君の語尾がきつい。車内は沈黙に包まれた。でも内心「あそこの蕎麦は最高なんだよなァー、惜しいことしたなァー、電車で来てれば…」なんて、山田君に失礼なことを考えているうちに現場に着いた。

12時30分ちょうど。ADが駆け寄って来た。「おはようございます。さっきは巻いてたんですけど、その後のカットで時間がかかっていて、出番は1時間ぐらい後になりました」「エッ…」「お食事どうしますか?ケータリングのカレーがありますけど」山田君が笑いながら言った「どうします?蕎麦食いに行きますか?」「もういいよ」結局蕎麦はあきらめて、おいしいコロッケ・カレーをいただいた。ごちそう~さま。
lunch.JPG
カレーに化けた蕎麦!?

追伸:撮影終了後、山田君が「お墓参りをして帰りましょう」と言ってくれて、お墓参りに行った。ありがとう!もちろん「坂むら」にも行って、おいし~いお蕎麦を食べた。
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

魅せられて・・・

 昨夜に続いて「打ち上げ話」を始めましょう。
「賞品は、堀内さんにぴったりの可愛いお人形、ぬいぐるみセットが当たりました!!」会場はドッと沸く~。
人形と共演した僕に人形!?それはないだろ・・・出来過ぎだよ。
かごの中には、黒くまさん・金髪くまさん・赤いお猿さん・ベージュのいぬさん・ホルスタインのようなうしさん・茶色のいぬさん。
いけない!!ぬいぐるみを「さん付け」で呼んでいる~!
nuigurumi.JPG
今日から同居人

| | コメント (3) | トラックバック (0)

満ち足りた時間

「ウルトラQ」の打ち上げ会場は、六本木・ロアビルにあるタイ料理「タイブラッセリー・エラワン六本木店」。店内は広く雰囲気は十分タイだった。が、甘スッパ辛い料理はちょっと苦手だ。
「ウルトラQ」は全26話。僕は24話の「ヒトガタ」に出演した。監督は実相寺昭雄さん。相手役は、推定年齢12歳・身長135センチメートルの球体関節人形。実に精巧に出来た人形だ。作者は山本じんさん。18年前に作られ、ガラスケースの中で今回の出番を待ってくれていた人形との二人芝居、なかなかスリリングだった。
今回の「ウルトラQ」を見逃した方は、浜崎あゆみさんで有名な「エイベックス」がDVDで販売するそうなので、「買う」か「TSUTAYA」で観てください。
実相寺さん・監督補の服部さん・照明の牛場さんは雨のため(?)欠席。「実相寺組」からは、カメラマン八巻君と僕の二人だけ・・・。八巻君は、実相寺監督のカメラマン中堀さんの助手から一本立ちした男だ。実相寺監督の次回作「???」も八巻君が回すようだ。楽しみだ!!
会場には、いま「ウルトラマンネクサス」で一緒に仕事をしている、北浦監督・八木監督、チーフ助監督石川ちゃん、カメラマン高橋創さん、26話からの脚本家太田愛さん、詩織役の五藤圭子さんも来ている。懐かしい顔も多い。実相寺さんの助監督をやっていた高橋巌君も監督になっていた。「美少女新世紀GAZER」を書いた脚本家高橋健太郎君、「ウルトラマンガイア」で僕を「死神ゼブブ」にした脚本家右田昌万さんも来ている。「死神ゼブブ」は、素顔が出るのはオープニングだけで全編特殊メーク。ホームページのオープニングに出てくるあれだ。俳優は載れない「怪獣図鑑」に載れたので、ちょっとうれしかった。
オッと抽選会が始まった。僕の持ってる抽選券は47番。何が当たるだろう!?
「次は56番です。商品はDVDプレーヤーです。当たったのはどなたでしょう?」「は~い」五藤圭子が当てた。「くそっ、47番47番当たれ当たれ」「次は47番です。商品は」リーン・リーン☎だ・・・「もしもし・・・エッ、明日金八の撮影が入った・・・いいとこだったのに・・・いや、こっちの話」
商品が何だったか!?は次回に持ち越しということで・・・おやすみなさい


| | コメント (1) | トラックバック (0)

時間がない

 玄関ドアを開けると、そこは、雨雨雨雨雨+風風風
「やっぱり打ち上げ行くのやめようかなァー、こんな日に六本木・・・でも、こんな日にしたのは台風のせいだし、製作スタッフは準備してるだろうし・・・雨もまたよし!濡れて行こう!」
ポジティブな僕が顔を出した。
傘は大きめ、レインコートのボタンは上まで閉めて、ズボンの裾は、まくりたいけどまくらない。
あくまでもダンディーさは忘れない。これで準備よし!

 ドアを開ける。ザァーザァーザァーザァーザァーザァーザァーザァー
「アッ~どうしよう???」でも迷う・・・そんな時、口から歌が漏れた
「♪都会では~自殺する~若者が増えている、けれども傘がない・・・」ちがう?
「どんな歌だっけ?そんな歌詞じゃない。♪都会では~自殺する~若者が増えている、けれども傘がない・・・」どうしよう?気になりだした。

 井上陽水さんのこの歌「傘がない」は、演劇科の学生の頃、いまでは劇作家になっている「二口剛」という友人がよく学生食堂で歌っていた。その頃の僕はといえば、学生運動に明け暮れていて、歌といえば、デモのときや集会で歌う「ワルシャワ労働歌」や「インタ-ナショナル」しか知らなかった。
歌っている剛について、そっと口ずさんでみる。いい歌だ。それ以来、「傘がない」は僕の青春時代の思い出の一曲になった。しかしその頃、井上陽水さんが歌った「傘がない」を聴いたことはなかった。
僕の耳にいまでも残っている「傘がない」は剛の歌声だ。
「苦しいことや悲しいこともいっぱいあったけど、いい時代だったなァー。そうそう、雨といえば三好善之(?)の、♪雨に~濡れながら~たたずむ人がいる・・・こんな歌もあったな・・・」
アッ時間がない

打ち上げの様子は後日お楽しみに~行ってきま~す。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

雨男のつぶやき

 台風接近の中、新神戸から新幹線に飛び乗り、いま世田谷の家に着いた。
雨に濡れた庭に一輪の赤いバラが咲いている。母が丹精込めて育てたバラだ。
緑の中に一点の赤、きれいだ!「出迎えありがとう」。
今回の撮影は、「金八先生」と「ウルトラマンネクサス」。
「金八先生」の役は前回もやった「デイケア・センターの所長」。
今回の登場は第4話から。前回は穏やかな人柄だったが、今回は「コラッー」のセリフから始まる。
さて、どんな展開になるか・・・!?放送は11月5日。
「ウルトラマンネクサス」は第26話の撮影。5月から始まった撮影も半年目に入った。
若い隊員たちと若いスタッフに囲まれ、久しぶりに楽しい撮影だ。
ただひとつ不満な点がある、それは「パパ!」と呼ばれることだ、「飲み屋じゃねーぞ、プンプン」。
でもしかたないか、俳優になって31年・・・そんな歳になったんだ・・・。
役柄のほうは、ますます怪しくなってきている。
先日、ランドセルを背負った子供たちに「松永管理官だ!誘拐されるぞ!逃げろ!」と、言われてしまった。
ファン層が高齢化(失礼)してきたので、「若いファン層を作らなければ」との思いから、
「ウルトラマンネクサス」への出演を決めたのだが・・・。こちらも今後どんな展開になるのか・・・。

今夜は六本木で、「ウルトラQ」の打ち上げ。
台風が接近しているので中止になるかと思い連絡したら「もちろんやりますよ!」とのこと・・・。
しかたない、レインコートの襟を立てて、両手をポケットに手を突っ込んで「渋く決めて」行くか!!!
アッ、傘がさせない???

| | コメント (3) | トラックバック (0)

はじめてみようかな

雨音で眼がさめる。ベッドの中でその音に聞き入る・・・いい音だ。ひとは僕を雨男と呼ぶ。
最高の称号ではないか!雨の中、傘をささずに歩いてみるとしよう。生きていることを全身で実感できる瞬間だ!

とはいうものの・・・(--;)なんでこう台風ばっかりくるんだよ!
ダムでの撮影は大変なんだぜ。
そんな中がんばってるので、土曜の朝7時半からだけど、よい子のみんなはもとより、
お父さんお母さんも早起きして、こから1年間ウルトラマンネクサス、応援よろしく!

という感じで、僕のブログなるもののはじまりとしようと思う。
撮影の合間や移動時間なんかに書こうかなと思ってるけれど、
なにぶん、飽き性なので(笑)いつまで続くかは・・・。お楽しみに!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トップページ | 2004年11月 »